こだわりのオリジナルケース

Category

Calendar

2017年10月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

好みの柄を探して購入

やはり日本ではiphoneユーザーが多く、街中でも年齢を問わず多くの人がiphoneを利用しています。使っているiphoneのケースに目を向けるとそれぞれ千差万別で好みのものをつかっているようです。ケースを大まかに分類するとiphone単体のケース/手帳型ケースという風にまず分けられます。単体のケースですと、よりコンパクトですし、そのままの状態でディスプレイが露出しているものが多いですので使い勝手はいいです。
耐久性という点では、ディスプレイの面を下にして落下してしまうと手帳型よりも壊れやすいでしょう。一方手帳型ケースですとディスプレイが手帳カバーに覆われているのでそれを開かないと操作できません。ただ切符やSuica、身分証などをまとめられるので外出時にそれ一つ持ち出せばよいし外出中もカードなどをなくしにくい手軽さがあります。
一部では手帳型ケースではiphoneの磁気がICカードなどに影響するのじゃないか、とも言われているようです。次にデザインという切り口ではキャラクターもの、シンプルな柄、ユニークな柄に分けられると思います。キャラクターものは売り場でぱっと手に取りやすいですが、比較的流行が短期的にあるので一年後、二年後に持ちにくいかも、という心配があります。シンプルな柄や個性的な柄ですとそういう心配はありません。

カスタムタイプのケース

iPhoneのケースは種類も多く、手帳型やハードカバーなど様々なものが販売されています。店頭での販売はもちろんのこと、ネットでも豊富に取り扱われていて、カバーの種類の多さが魅力でアンドロイドよりもiPhoneを使っているという方も多いのではないでしょうか。ケースの値段も様々で100円程度のものからブランド物の数万円するものまで幅広いですね。
100均ショップでもiPhoneのケースが取り扱われていますので、最近ではそれを自分でアレンジして世界にたった一つのiPhoneケースを作るというのが注目されています。自作方法は様々ですが、簡単なところではお気に入りのシールやマスキングテープを貼ったり、ラメ入りのマニキュアで好きな絵を描いたり、iPhoneとケースの間に自分で作ったレース編みや雑誌のアイドルなんかの切り抜きを挟み込んだり、デコパージュしたりとアイデアは無限大です。
自分でiPhoneケースを作れば1,000円以下でお気に入りのものが持てるので、いろいろと作ってみて気分でケースを変えてみるのもおすすめです。100均のiPhoneケースももちろんしっかりとiPhoneを保護してくれるので、安いからといって侮れません。アレンジ度が高い透明のiPhoneケースがおすすめですよ。

Copyright(C)2017 多種多様なタイプを見比べ理想のiphoneケースを選択 All Rights Reserved.